XM 海外FX

【知らないと損】XMのレバレッジルールと注意点【徹底解説】


XMのレバレッジについて詳しく知りたいな。レバレッジが高いと危険ってよく聞くんだけど、実際どうなんだろう。XMのレバレッジについて知っておくべきルールと、レバレッジの注意点を教えてほしい!


こういった疑問を解決します。

本記事の内容

  • XMレバレッジが断然おすすめな理由
  • 知っておくべきレバレッジ制限について
  • レバレッジ変更方法と口座レバレッジの確認方法
  • あなたにあったレバレッジ倍率をみつけよう



FXトレードの旨味は、現物株などと違いレバレッジをうまく活かしながらトレードができることです。

 

きちんとしたやり方でレバレッジ管理を行えば少ない証拠金で大きな利益にかえることができます。本気でトレードを勉強して取り組めば勝てます。(経験談)

 

ただ、レバレッジの特徴や扱い方を間違えてしまうと結果的に損をしてしまいますので、本記事ではXMでのレバレッジについて正しい情報と注意点を解説していきます。

 

XMレバレッジが断然おすすめな理由

 

XMのレバレッジ888倍を使わずトレードするのは勿体ない!というくらいおすすめな理由は4つあります。

  • 証拠金が少なくても稼ぐことが可能
  • 最大888倍の高レバレッジでも自由にレバレッジ調整が可能
  • 強制ロスカットがされにくい
  • XMFXを始めるのに最適すぎる環境



以上を順にわかりやすく解説していきます。

 

証拠金が少なくても稼ぐことが可能


レバレッジが高ければ、高いほど少額でトレードを始めることができるので、少ない証拠金で稼ぐことができます。

 

それに、口座開設ボーナスもXMにはついているので実質0円のリスク0でFXを始めることもでき、利益を出すことも可能になります。

 

以下の表でレバレッジ別にあわせた必要最低証拠金をになります。


レバレッジ倍率 ドル円
ポンド円
ユーロ円
25倍
国内FXの最大レバレッジ
40,000円 72,000円 52,000円
50倍 20,000円 36,000円 26,000円
100倍 10,000円 18,000円 13,000円
200倍 5,000円 9,000円 6,500円
400倍 2,500円 4,500円 3,250円
500倍 2,000円 3,600円 2,600円
888倍
XM最大レバレッジ
約1,126円 約2,026円 約1,463円

 

以上のように、XMのレバレッジが888倍であれば、国内FXの最大レバレッジ25倍である28分の1の資金で同等のポジションでトレードすることができるのです。

  • 資金をあまりかけずにトレードしたい
  • FXを少額で試してみたい、挑戦してみた
  • 小さい金額で大きな利益を狙いたい



このような人には、国内FXではなく海外FXでトレードでの参入がかなりおすすめだと思います。

10万通貨(1ロット)を持った場合で比べるとだいぶ違います。

 

  XM 国内FX
最大レバレッジ 888倍 25倍
必要証拠金 1.2万円 40万円

 

XMの方が国内FXと比べると、圧倒的にレバレッジが高いので、必要証拠金が全く変わってきます。国内FXだと参入障壁は割りと高いですが、XMは数万円もあれば十分にトレードができます。

 

国内だと利益を出すのに、ある程度の資金が必要になってきますし、XMのようなボーナスキャンペーンもやっていないので、今からFX勉強したい!という方は、XMでトレードしましょう。

 

仮に、国内FXでどうしてもやりたいといった方でも資金が必要なので、XMで少額からトレードで慣れ、口座移行することが得策です。

 

最大888倍の高レバレッジでも自由にレバレッジ調整が可能


XMのレバレッジが高すぎて怖いと思っている人でも安心して使えるレバレッジ調整機能の実効レバレッジがついています。

 

なので「レバレッジ888倍」だからといって、必ず毎回888倍のレバレッジでトレードしなくていいということです。

 

ちなみに、レバレッジをかけすぎると、リスクもその分増えてしまうので実効レバレッジを考えてトレードしていかなければなりません。

 

実効レバレッジとは

実際の運用レバレッジのことをいいます。

現在利用している口座レバレッジが888倍であれば

1888倍で自動調整されます。


実効レバレッジの計算方法も載せておきますので覚えておくとかなり便利です!

 実効レバレッジ

実効レバレッジ
ポジション保有額(取引ロット×現在レート)÷有効証拠金

例えば、1万通貨の0.1ロットでトレードする際にドル円が110円のレートで、有効証拠金が5万円の場合、(1万通貨×110円)÷5万円 = 22となり、実効レバレッジは22倍です。

 

このように、ご自身の口座の証拠金に合わせて実効レバレッジを変更することができます。少額でリスクをとり、大きな利益を狙いたい方は888 倍がおすすめです。

 

ただ、一点注意が必要なのですがレバレッジを大きくかけたトレードで負けた場合に、感情的になってしまうことです。

 

  • 負けたお金を取り戻したい
  • これ以上負けたくない
  • 負けでトレードを終えたくない



こういった感情的に熱くなってしまう人は気をつけてください。感情が熱くなってしまうと、さらにレバレッジをかけて損失を取り戻すために無茶なトレードをしてしまうからです。

 

いつも以上のレバレッジでトレードを行うと、ロスカットされやすく負の連鎖から抜けだせなくなるので、注意しましょう。という過去の実体験からのアドバイスです。

 

ただ、XMの良いところは、ゼロカットシステムを採用していることです。ゼロカットシステムとは、どんなに相場が暴落して証拠金が0円より下回ることがないという最高のシステムです。

 

要するに最大の損失額が、口座に入ってる金額のみと限定されているのです!ただ、その安心感から無茶レバレッジをかけてトレードをしてしまうので、肝に命じましょう。

 

口座レバレッジが高いほど強制ロスカットがされにくい


XMでは口座レバレッジが高ければ高いほど、強制ロスカットがされにくくなるのです。これはかなりトレードにおいて利点です。

 

え??レバレッジが高いとリスクが高くなるから、強制ロスカットがされやすくなるんじゃないの??

 

このように考える方がいると思うのですが、違います。

 

なぜかというと、トレードする際にレバレッジが高ければ高いほど口座額に対しての必要証拠金が少なくなり、必然的に証拠金維持率が上がるからです。 

 

要するに、レバレッジをかける分だけ少額でトレードできるということなので、証拠金の負担が減るというわけです。では、例題をだしてわかりやすく解説していきます。

 

 前提条件

  • トレード資金 / 10万円
  • ドル円レート / 100円
  • エントリー額 / 0.5ロット(5万通貨)
  • ロスカット水準 / 証拠金維持率20%以下
  • スプレッド / なしと仮定する

 

レバレッジ100倍

10万円の資金で、レバレッジ100倍で5万通貨(0.5ロット)のポジションをとるには、必要証拠金は50,000となります。なので口座残高が10万円から5万円になった時点で証拠金維持率が100%になります。

強制ロスカット水準が20%なので12,500円(含み損:87,500円)になってしまうと強制ロスカットとなります。エントリー位置から強制ロスカットまで耐えることができるPips数は、175pipsとなります。(87,500÷50,000通貨×100)

 

レバレッジ400倍

10万円の資金で、レバレッジ400倍で5万通貨(0.5ロット)のポジションをとるには、必要証拠金は12,500となります。なので口座残高が10万円から12,500円になった時点で証拠金維持率が100%になります。

強制ロスカット水準が20%なので2,500円(含み損:97,500円)になってしまうと強制ロスカットとなります。エントリー位置から強制ロスカットまで耐えることができるPips数は、195pipsとなります。(97,500÷50,000通貨×100)

 

レバレッジ800倍

10万円の資金で、レバレッジ800倍で5万通貨(0.5ロット)のポジションをとるには、必要証拠金は6,250となります。なので口座残高が10万円から1,250円になった時点で証拠金維持率が100%になります。

強制ロスカット水準が20%なので1,250円(含み損:98,750円)になってしまうと強制ロスカットとなります。エントリー位置から強制ロスカットまで耐えることができるPips数は、197pipsとなります。(97,500÷50,000通貨×100)

 

レバレッジ888倍

10万円の資金で、レバレッジ888倍で5万通貨(0.5ロット)のポジションをとるには、必要証拠金は約5,630となります。なので口座残高が10万円から5,630円になった時点で証拠金維持率が100%になります。

強制ロスカット水準が20%なので1,126円(含み損:98,874円)になってしまうと強制ロスカットとなります。エントリー位置から強制ロスカットまで耐えることができるPips数は、197.7pipsとなります。(98,874円÷50,000通貨×100)

 

以上のように、口座レバレッジが高いほど強制ロスカットまでの耐えれるpips数が広くなるのです。

 

レバレッジが高ければ危険といった考えではなく、ご自身の口座残高とロット数を考えながらトレードすることができれば安全にトレードに取り組めることができます。

 

XMがFXを始めるのに最適すぎる環境


何度も上述してるようにXMはFXしたい方にとって最適すぎる環境となっています。

なぜならレバレッジ888倍といった魅力だけてなく、他の取引所にはないようなボーナス等が豊富だからです。

  • XM口座開設ボーナス
  • XM入金ボーナス
  • XMポイントボーナス(現金化可能)
  • 入金なしでトレードが可能(ボーナス使用)
  • 最低入金額最低500
  • 最小取引ロット数0.1ロット(1,000通貨)



といった好待遇でFXを始めることができます。XMはレバレッジや待遇が良い反面、スプレッドが狭くなくと劣る面もありますが、XMトレードの基本は、

 

・ハイレバレッジ
・ボーナス
・追証なしのゼロカット

 

を活かして十分な利益を狙っていくことです。XMを使うのであれば、レバレッジを高く設定しておき、実効レバレッジを駆使して、少額から大きな利益を狙うトレードスタイルが相性抜群なのです。

 

現にXMを使っているトレーダーの多くが、

5万円から30万や
1万円から10万円
10万円を100万円など

 

レバレッジをかけて大きな利益を得ています。

 

知っておくべきレバレッジ制限について
【XMレバレッジルール】

 

XMには以下のようなレバレッジ制限のルールがあります。

  • 有効証拠金が一定額を超えてしまうとレバレッジ制限がかかる
  • 経済指標などのイベント時にはレバレッジ制限がかかる
  • 通貨ペアごとに最大レバレッジが変わってくる



有効証拠金が一定額を超えてしまうとレバレッジ制限がかかる


実は、XMは最高レバレッジ888倍なのですが、口座の有効証拠金が超えてしまうとレバレッジ制限がかかってしまいます。


有効証拠金に対して、制限がかかる規定金額は以下ようになりますので、覚えておきましょう。

有効証拠金 最大レバレッジ
500円〜200万円 888倍
200万円〜1,000万円 200倍
1,000万円以上 100倍

※ちなみにXMの有効証拠金は、現在の残高、損益、ボーナスを加算されて計算されます。


有効証拠金に関しては、おおよその価格となりドル円のレートが変更すると、誤差が出てきます。


ただ、基準は変わりませんので、この金額を超えるとレバレッジ規制がかかるなー。くらいの認識で大丈夫です。

経済指標などのイベント時にはレバレッジ制限がかかる


コレは、XMに限ったことではないですが、経済指標などのイベント時に、大きく相場が動くことが見込まれる日はレバレッジ制限がかかります。


ただ通常の経済指標時では、あまり関係ないので安心下さい。
過去にレバレッジ制限がかかった事例では、

  • EU離脱のブレグジット
  • ギリシャ財政危機に関するEU首脳会談
  • アメリカ大統領選挙



といった国家規模の大きなイベント時にレバレッジ制限が適用されます。レバレッジ制限されるとトレードに支障が出てしまうので、困る人もいるかもしれませんが、安心下さい。


レバレッジ制限がかかる際は、XMの公式ページやメールでお知らせが届きますので、重大なイベント時はチェックしておきましょう。ただ、一つ気を付けていただきたいのが重大なイベント時では、相場がかなり荒れやすくなっていることです。


乱高下がすごく、値動きのだましなどに合い安く、利益を大きく削ってしまうリスク高くもなりますので、大きなイベント時のトレードは避けた方がです。


待つのものトレード戦略の一つです。

 

通貨ペアごとに最大レバレッジが変わってくる


XMは最高レバレッジが888倍なのは確かなのですが通貨ペアごとでレバレッジが変わり、制限されているものもあります。


以下が、もともとレバレッジが制限されている通貨ペアです。

最大レバレッジ50倍の通貨ペア

USD / CNH 50
USD / DKK 50
USD / HKD 50
USD / RUB 50
EUR / DKK 50
EUR / RUB 50
GBP / DKK 50
EUR / HKD 50

 

最大レバレッジ100倍の通貨ペア

USD / TRY  100
EUR / TRY  100

 

最大レバレッジ400倍の通貨ペア

AUD / CHF 400
CAD / CHF 400
CHF / JPY 400
CHF / SGD  400
EUR / CHF 400
GBP / CHF 400
NZD / CHF 400
USD / CHF 400

 

上記がXMで、もともとレバレッジに制限がかけられている通貨なのですが、ほぼ全ての通貨ペアをきいたことがないんではないしょうか。


これらの通貨ペアはマイナー通貨といって、ドル円やユーロ円などのメジャー通貨と違って流動性も低く、認知度も低く、取引するトレーダーが少ないことから、レバレッジの制限がかけられています。


トレードレベルを上げたいのであれば、ドル円を中心にトレードして慣れてくれば、ポンド円でトレードするといいでしょう。

XMのレバレッジの変更方法について

 

XMのレバレッジ変更は、XM会員ページから簡単にできます。
以下の手順です。

簡単な流れ

  • XM会員ページにログイン
  • オプションを選択するをクリック
  • レバレッジ変更をクリック
  • 希望のレバレッジを選ぶ
  • リクエスト送信

 

ステップ1

・XM会員ページにログイン

XM会員ページにログイン

 

ステップ2

・オプションを選択するをクリック
・レバレッジ変更をクリック

レバレッジ変更をクリックする

 

ステップ3

・希望のレバレッジを選ぶ
・リクエスト送信

レバレッジ変更のリクエストを送信する

 

この3つのステップだけで、簡単にレバレッジを変更することができます。


加えて、今の口座のレバレッジの設定を忘れて確認したい人は会員ページにログイン後、「マイアカウントの概要」からもチェックすることができます。

 

自分にあうレバレッジを発見しよう


まずは、自身の有効証拠金にあうレバレッジを発見しましょう。


ここまで、XMのレバレッジの特徴や覚えておくべきことを解説してきましたが、一番トレードで重要なことはご自身にあった実効レバレッジを見つけることです。


なぜなら、実効レバレッジを把握していないと資金管理ができず、予想以上の損失を被る可能性があるからです。


またご自身にあったレバレッジを把握することによって許容リスクを把握することができ、落ち着いた冷静なトレードができるからです。

 実効レバレッジ


実効レバレッジ

ポジション保有額(取引ロット×現在レート)÷有効証拠金

例えば、1万通貨の0.1ロットでトレードする際にドル円が110円のレートで、有効証拠金が5万円の場合、(1万通貨×110円)÷5万円 = 22となり、実効レバレッジは22倍です。

 

このように、ご自身の証拠金に合わせて実効レバレッジを考え、トレードをしていくことが大切です。

 

実効レバレッジの重要性はわかったけど、いちいち実効レバレッジ計算するのは面倒くさいな、、何かもう少し手間がかからない方法はないのかな。

 

そんな方にぴったりの【FX証拠金シュミレーター】 という計算ツールがあります。ここで、数字を打ちこむと実効レバレッジ等を自動算出してくださいますのでおすすめです。

 

以下が入力項目になります。

  • 純資産額(有効証拠金)
  • 通貨ペア
  • 売買(買いor売り)
  • 最大レバレッジ
  • レート
  • 取引数量
  • ロスカット(証拠金維持率)
  • 利確pips
  • 損切りpips



ぜひ、トレードの際にご活用ください。


まとめ: レバレッジ888倍でトレードしよう!


XMレバレッジ888倍で設定し、実効レバレッジをご自身の証拠金に合わせてトレードしていきましょう。


レバレッジの特徴をきちんと理解することによって、レバレッジを味方にすることができ、大きな利益を少額で見込めます。


では、本記事のまとめです。

  • 高レバレッジは使い方によっては危険ではない
  • 実効レバレッジでレバレッジ調整ができる
  • 場合によってレバレッジ制限がかかる場合がある
  • レバレッジ変更は会員ページから変更可能
  • マイナー通貨はなるべく避ける
  • 自分にある実効レバレッジを見つけよう

 

こんな感じです。
では、今回は以上です。

 

人気記事【徹底比較】3つのXM口座タイプ【おすすめはスタンダード口座】

人気記事【知らないと損】XMのレバレッジルールと注意点【徹底解説】

 

-XM, 海外FX

Copyright© ゼロから海外FX , 2022 All Rights Reserved.