XM 海外FX

【2020年版】XMの複数口座の開設方法とメリット・デメリット


XM口座を開設したけど、追加口座ってどうやって作ればいいんだろう。わからないな。また、複数口座での運用って何かメリットあるのかな?1つの口座で十分な気がするけど…。


こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 追加口座の開設方法【3分で終わり】
  • XMにて複数口座で運用する【メリット】
  • XMにて複数口座で運用する【デメリット】
  • 複数口座での注意点【2つ】
  • まとめ:複数口座で運用するべき【効率がいい】

 

本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、トレード歴は5年ほど。現在はトレードで生計を立てています。かつTwitterで役立つトレードノウハウも発信しています。


XM
は最大レバレッジ888倍といった海外FX業者では最高峰クラスのレバレッジを誇りますが、必ずしも、ハイレバレッジで取引する必要はありません。


効率に優れたXMでの運用法として、ハイレバレッジ専用口座と低レバレッジ専用口座等の複数口座に分けるといった運用方法があります。


おそらく、ほとんどのトレーダーが口座をわけてトレードをしているでしょう。
ちなみに、XMは最大8つまで複数口座の開設ができ、運用可能です。


今回の記事では、FXをこれから頑張っていきたい人にとって、一つステップアップできる知識となると思います。


では、XMの複数口座についてわかりやすく解説していきます。

追加口座の開設方法【3分で終わり】


追加口座の開設のやり方はシンプルで、3分ほどで終了します。


片手間ですね。
以下が、追加口座を開設する手順です。

簡単な流れ

  • XMマイページにログインする
  • 『追加口座開設』をクリック
  • 取引口座詳細を決める
  • 『リアル口座開設』をクリック


こんな感じ。


すでに前回の口座開設の際に、必要書類をXM側に提出している場合、住所が記載された資料や、本人確認書類の審査は不要なので、最短3分で完了します。

1:XMマイページにログインする

2:『追加口座開設』をクリック

3:取引口座詳細を決める

 取引口座の詳細

  • 取引プラットフォームタイプ
  • 口座タイプ
  • 口座の基本通貨
  • レバレッジ
  • 口座ボーナス
  • パスワード設定



以下が詳細になります。


取引プラットフォームタイプを選択


MT4
MT5を選択できます。


自動売買を中心にトレードをする人は、MT4がおすすめで、裁量取引だとMT5がおすすめ。どちらか迷っている人はMT5を選びましょう。





口座タイプを選択


3タイプの口座から選択できます。

何か特別なことがなければスタンダード口座を選びましょう。




口座の基本通貨の選択


基本的にJPYを選択しましょう。


ただ、通貨の選択は自由ですのでUSDでも構いません。ちなみに円表示だと損益をすぐ気にしてしまうから、あえて損益がわかりずらいUSDやEURを選択する人もいたりします。


レバレッジを選択


自由にレバレッジを設定できます。


基本的に1:888の最大レバレッジを選びましょう。なぜかというと、強制ロスカットされる確率が下がるからです。


あと、トレードする際は、自由にレバレッジが調整できるので全く問題ありません。






✅口座ボーナスの選択


もちろん、『はい』を選んでおきましょう。

損はないのですから。





パスワードを設定する


8文字〜15文字のアルファベット、数字を含んだパスワードを決めましょう。


4:『リアル口座開設』をクリック


記入項目をすべて埋め、チェックマークを入れて『リアル口座開設』をクリックしてください。

これで、追加口座の開設は終わりです。


XMの追加口座はコチラから

いますぐ開設する

XMにて複数口座で運用する【メリット】


複数口座で運用するメリット2つあります。

  • 口座タイプやレバレッジを変えて運用ができる
  • リスク管理ができて、メンタルにもいい 



1つずつ説明します。

口座タイプやレバレッジを変えて運用ができる


口座タイプ(マイクロ・スタンダード・ZERO)の3種類にわけて運用することができます。

 例えば

・スタンダード口座ではデイトレード中心で、ZERO口座ではスプレッドが低いのでスキャルピングを中心にトレードしていくとか。

・スタンダード口座を本口座として運用して、マイクロ口座を練習用で少額での運用をするとか。

・1つ目のスタンダード口座は本口座、2つ目のスタンダード口座は負けてもいいギャンブル口座にするとか。

・1つ目はハイレバ専用口座、2つ目は低レバ専用口座といったレバレッジで分けるとか。



こんな感じです。


4つほど例えを出しましたが、口座それぞれの仕様で変えたり、自身のトレードスタイルによってわけたりもできます。


リスク管理ができて、メンタルにもいい


複数口座を保有することによって、リスク管理がしやすくメンタル管理にもつながります。


というのも、中にはトレードルールを守らなければいけないけど、ルールを破ってエントリーをしてしまう、結果負ける、萎える。など、どうしてもマイルールを守れない人は一定数います。

 

 そんな方にとっては

・ルールを完全に守る本口座
・ルールを破ってもいいサブ口座


こんな使い方をすれば、メンタルにもいいですよね。
無駄に我慢する方が逆にストレス。


1点注意ですが、もちろん『ルールを破ってもいいサブ口座』の証拠金は少なくしなければいけませんよ。


利益を出すためではなく、メンタルを保つための口座ですから。とはいえ、それぞれ自身のルールがあると思うので、使い方を決めて複数口座を有効活用してください。


XMの追加口座はコチラから

いますぐ開設する

XMにて複数口座で運用する【デメリット】


ぶっちゃけ、複数口座で運用するデメリットはありません。


追加口座の開設には、特別お金もかかりませんし、リスクも増えませんので。
強いていうなら、この2つ。

  • 資金管理が大変かも
  • 休眠口座になると毎月5ドルの支払い

 

資金管理が大変かも


資金管理が大変になる要因は、シンプルに複数の口座を把握しなければいけないから。


といいつつも、これは、自己管理で解決しますね。

休眠口座になると毎月5ドルの支払い


休眠口座になると毎月5ドルの支払いがあります。


休眠口座になる条件は、その口座にて90日間トレードも入金も行われなかった場合になります。なので、大抵普通にトレードしていれば問題ないといった感じ。


たとえ、90日間トレードを休止するとしても、最小ロットの0.01で1回でもトレードすれば日数カウントはリセットされるので結構安心。

複数口座での注意点【2つ】


複数口座にて、運用する際の注意点は2つです。

  • 複数口座間においての両建て禁止
  • 口座開設ボーナスはない

複数口座間においての両建て禁止


複数口座間においての両建ては禁止されています。

 わかりやすくいうと、

同じタイミングでA口座でドル円を買い(ロング)、B口座でドル円を売る(ショート)等の行為は禁止ということです。



もし、XM側に見つかってしまうと口座の凍結、その取引で得た全利益を没収される可能性もありますので気をつけましょう。


口座開設ボーナスはない


XM
の新規口座開設の際に『口座開設ボーナス』がもらえますが、追加口座の開設時は『口座開設ボーナス』はもらえません。


ただ、全ボーナスがないというわけではなくて、入金ボーナスは受け取れますので安心してください。

まとめ:複数口座で運用するべき【効率がいい】


以上が、XM複数口座の開設方法とメリット・デメリットの説明になります。


要するに、複数口座を利用しない手はないということ。僕も、もちろんデイトレ専用口座とスイング専用口座でわけています。


もし1つの口座だけだと、新たなエントリーをするときに維持率を気にしたり、現在のポジションを解消しないといけなかったりと気を使うことがあるかもしれません。


ただ、口座がもう一つあるだけで気軽にエントリーができますし『●●専用口座』と『▲▲専用口座』といった感じにわけてトレードするだけで、後でトレードを振り返るときにも、かなり見やすかったります。


というわけで、トレードの効率がかなり上がるので、複数口座での運用を試すことは非常におすすめ。


それでは、本記事のまとめです。

 追加口座を開設する手順

  • 1:XMマイページにログインする 
  • 2:『追加口座開設』をクリック
  • 3:取引口座詳細を決める
  • 4:『リアル口座開設』をクリック

 

 複数口座で運用するメリット

  • 口座タイプやレバレッジを変えて運用ができる
  • リスク管理ができ、メンタルにもいい

 

 複数口座で運用するデメリット

  • 資金管理が大変かも
  • 休眠口座になると毎月5ドルの支払い

 

 複数口座での注意点

  • 複数口座間においての両建て禁止
  • 口座開設ボーナスはない

 

今回は、以上です。

XMの追加口座はコチラから

いますぐ開設する

 

人気記事【稼ぎたい人必見】XMの評判と口コミまとめ【安全です】

人気記事【2020年】XMの入金方法まとめ【完全版】

 

-XM, 海外FX

Copyright© ゼロから海外FX , 2022 All Rights Reserved.